読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカー少年よ、勉強しろ!

サッカー少年から一転、2017年中学受験に向けて勉強はじめたツグオの記録。兄ナガオはサッカー三昧。

サッカー少年と中学受験の関係

サッカー少年にとって、実は一番重要なのは中学受験をするや否や、という問題ではないだろうか。中学受験、というとちょっと違うかな。高校受験をするや否や、という問題と言った方が正しいかな。

サッカー少年にとってU-11、U-12はとても大切な時期だと思う。ゴールデンエイジともよばれる年代だし、本当に好きなだけサッカーに打ち込める。でもね、サッカーに本当に打ち込みたいなら高校受験をしない中高一貫校に進学するのもひとつの選択なんじゃないかな?

中学の3年間は本当にあっという間にすぎる。高校受験をするとなると、中学3年の夏までがサッカーをする限界かな?とも思う。(サッカーで高校進学を決める子たちは別かもしれないけど、一般的には夏には引退するよね。中学入学と同時に塾通いも珍しくはない話だし。)それに比べて高校受験をすることなく6年間を過ごせる中高一貫校での生活はとても魅力的だ。体も大きくなり、サッカーの理解もすすみ、本当にサッカーが楽しくなる年代に存分にそれに打ち込める環境を与えることができるのだ。

しかし、中高一貫校に進学するとなると、U-12の時期にサッカーにだけ打ち込んではいられなくなる。中学受験をするとなるとジュニアユースのセレクションに参加することもほぼ諦めなくてはならい。「今」しか見えない子供達には受け入れがたい選択だろうな。なので、子供に「君はどうしたい?」なんて聞くだけ無駄。答えはわかっているから進路を選択するのは「もうちょっと先」まで見えてる親の仕事だよね。

できればサッカーだけやっていたい子供らしいツグオ。とはいえサッカーの神様に愛されているとはとうてい思えないし・・。悩ましくはあるけれど、よりよい環境でサッカーをするためにも、それ以外のためにも、今は少し勉強に力をいれるべきなのだろうな。やっぱり。