読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカー少年よ、勉強しろ!

サッカー少年から一転、2017年中学受験に向けて勉強はじめたツグオの記録。兄ナガオはサッカー三昧。

ベネッセさんからのお手紙

少し前に世間を賑わせたベネッセの情報漏洩事件。ナガオもツグオも幼稚園の年長さんからチャレンジをやっていたのできっちりと(?)個人情報は流出し、ジャストシステムから突然DMが届いたりした。(ジャストシステムは事件発覚後に名簿を廃棄したということでその後DMなどは一切届かなくなったあたりさすが大手。一方小分けにされた名簿が転売されているのか、未だに限りなく怪しい通信教育業者から勧誘電話がかかってきたりして不愉快になることもある。)

個人情報を守るのってもはや不可能に近いからこの先は「本当の情報は渡さない」くらいしたほうがいいのかも。通信教育やネット通販なら偽名でもいいのかもね。

 

そしてこのたび、ベネッセよりお詫びの気持ちとして「電子ギフト券」か「図書カード」を贈呈する、とのお手紙が届いた。(謝金を受取る代わりに子供基金へ寄付するというオプションもあり。)

2800万人強に対して1人あたり500円の謝金。総額としてはすごい額だけど、自分の情報が500円の価値みたいに感じられてなんだかなぁ、という気分になる。とはいえ、子どもたちに話したところ二人とも「図書カードがいい!」と結構喜んでいた。

 

我が家ではチャレンジを1年先取りで年長さんから小学3年生までやった。(つまりチャレンジ4年生まで完了。)4年分☓2人でのべ8年間ほどチャレンジとつきあっていたとことになるね。

チャレンジの教材はとてもわかり易くて親が教えずとも基本的な知識がつくようにできている。勉強の導入にはなかなかよい教材だと私は思っている。今回はこんな残念な事件が起こってしまったけど、この先も通信教育事業を頑張って欲しいと思う。

 

図書カードは忘れた頃に届くかな。